日本キリスト教会神戸布引教会
651-0056神戸市中央区熊内町6-2-2  TEL&FAX   078-291-0519
  
 
 疲れた者、重荷を負う者は、
 だれでもわたしのもとに来なさい。
 休ませてあげよう。

      聖書:マタイによる福音書11章28節
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

   

  
 
 
 
 
 

  お知らせ

 
 
 
 
 
 

次週の礼拝案内 

  2019年11月24日(日)午前10時30分より
   メッセージ:「人生の旅路、神の励まし」      河田俊郎師
  聖 書:創世記28章10~20節
      ヨハネによる福音書14章6〜14節


今後の礼拝担当の先生方    
 
   12月  1日アドベント     福井重藏師 
   12月  8日 福井重藏師
   12月15日 安田 修師
   12月22日クリスマス礼拝   吉平敏行師
   12月24日クリスマス賛美礼拝 河田俊郎師
   12月29日年末礼拝      福井重藏師

キリスト教会を
よく知りたい方のために

  

キリスト教について

 キリスト教会は、イエス・キリストを主とし、イエス・キリストを礼拝します。礼拝は神さまに導かれ、見守られていることを心から感謝し、讃美する精神的空間です。神さまを信じる方は、どなたでも自由に礼拝に参加し、心の平安を得ることができます。
 世の中には「教会」と名乗っているところが多くあります。モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会) や統一協会(世界基督教統一神霊協会)などのキリスト教会と区別しがたい団体が多くありますのでご注意下さい。私たちの教会は伝統的な信仰、つまり唯一の神を信じ、その神は、主なる神、救い主なる神キリスト(イエス)、聖霊(み霊)なる神という3つの形で私たちに語りかける神(三位一体の神)であるという信仰に立っています。
 ところでキリスト教をよく知るためには短い文章で語るのは無理です。キリスト教をよく知る一番の近道は礼拝に出席することです。よろしければ日曜日の朝、お近くのキリスト教会の礼拝に出てみて下さい。
 

教会の敷居は低い

 私たちの教会は入り口が、防火法令によって重い鉄の扉になっています。中が見えませんが、勇気を持って開けてみてください。すると受付の人がいますので、「初めて教会に来ましたと」と告げてください。そこで教会備え付けの聖書や讃美歌集を貸してもらえます。始めから聖書や讃美歌集を用意する必要はありません。手ぶらでお越し下さい。その時に「週報」を受けとって下さい。週報とは礼拝のプログラムで、聖書の箇所や讃美歌の番号が書いてあり、それに従って礼拝が進められます。教会の前で入ろうかどうしようかと逡巡してしまって、開始の時間に遅れても、もちろん大丈夫です。遅れたときには受付には誰もいないかもしれませんが、そんなことにはかまわず礼拝室に入って、空いている席にご着席下さい。
 教会の建物や中に十字架がかかっていますが、単なる象徴にすぎませんので、十字架を拝まないで下さい。また牧師もただの人ですから拝まないで下さい。左の写真は神戸布引教会の礼拝の様子です。サラリーマンのような普通のスーツを着て中央に立っている人物が牧師です。このようにして牧師は礼拝出席者に神のメッセージを伝えます。

●礼拝の順序

 礼拝は次のような順序で行われます。

前奏(こころを鎮めてオルガンの演奏をお聴きください)
招詞(礼拝への招きの言葉を司会者が読みます)
讃美(立って歌いますが、お身体のご不自由な方は着席のままで結構です。またその曲を知らなければ歌わなくてもかまいません)
祈り(祈りの終わりに「イエス・キリストの御名によりお祈りいたします」と言いますので、「アーメン(わたしもそう思いますという意味です)」と唱和します)
聖書(説教に関連した聖書の箇所を司会者が読みます)
説教(講演ではありませんので感動したからといって拍手は不要です。説教が難しかったと思われたら、このHPの説教のページを開いてみて理解の助けにしてみて下さい)
讃美
聖餐式(第一日曜日にはパンと葡萄酒をいただく聖餐式があります。初めて教会にいらした方や、まだ洗礼を受けていない方は聖餐にあずかれませんので、そのままやり過ごしてください)
報告(礼拝後の集会などの行事をアナウンスします)
献金(献金は参加費ではありません。金額も決まっていません。自由な気持ちでお献げください。ご用意がなければやり過ごしてください)
主の祈り(週報の裏面にあります)
頌栄(讃美歌を歌います)
祝祷(牧師が祝福の祈りをささげます)
後奏(祝祷の後オルガンの奏楽がありますので、着席して黙祷して下さい)

 これで礼拝は終わりです。その間1時間足らずです。礼拝が終わってから、さっと帰って頂いて結構です。隣に座っている教会員が話しかけてくるかもしれません。適当に聞き流してください。時には司会者や牧師から自己紹介をお願いすることがありますが、差し障りがありましたら嫌という意思表示(首を振るとか手を振るとか)をしていただけば、それ以上はお願いしません。もしお時間が許せば、礼拝後の集会にも参加してみてください。礼拝に出たからといって牧師や教会員がご自宅を訪ねていくとか郵便物が届くとかということはありませんので、安心して礼拝に出席してみてください。
 
 

 
 
 
 

 説教台の上の聖書
 
 

1998年4月に再建をされた現会堂 
 
 

礼拝堂に続く正面扉 
 
 

 ΑとΩ(始めと終わりを意味します)の文字が装飾された正面扉
 
 

 
 

神戸布引教会について

 

●神戸布引教会の歴史

 キリスト教会はカトリックとプロテスタントに分かれますが、日本キリスト教会は、プロテスタントの中の宗教改革者のジャン・カルヴァンの流れをくむ改革長老派に属します。日本のプロテスタント教派の中では一番最初に日本で伝道を開始し、1872年(明治5年)に横浜に開設された横浜海岸教会は日本で最初のプロテスタント教会です。
 神戸布引教会は横浜海岸教会よりしばらく後の1901年(明治34年)に改革長老派の外国人宣教師によって伝道が開始され、1911年(明治44年)5月7日に現在の神戸市中央区加納町のあたりに教会堂が建築されました。さらに1915年(大正4年)に神戸市葺合区(現中央区)生田町1丁目に本格的な会堂(ヴォーリス社の設計だったようです)が建築され、移転しました。しかし昭和20年6月の空襲で焼失し、しばらく会堂がないまま1950年(昭和25年)に現在の地(当時の地名は神戸市葺合区熊内町4丁目)に会堂を与えられ、1964年(昭和39年)には1階の礼拝堂の上に2階を建て増し、1階が集会室、2階が礼拝堂の教会堂が完成しました。
 
 

●伝道活動

 1977年(昭和52年)5月には神戸市西区桜ヶ丘中町のさくらんぼ幼稚園で栄伝道(神戸電鉄の最寄りの駅が栄駅なのでこう呼んだようです)を開始し、1981年(昭和56年)にさくらんぼ幼稚園隣接地に桜ヶ丘礼拝所用地を購入し、正式に桜ヶ丘伝道を始めました。また翌1982年(昭和57年)には、利岡勝司長老宅での家庭礼拝が発展し、川西市内に用地と家屋を購入し、9月から川西礼拝を開始しました。
 

●阪神淡路大震災

 1995年1月17日早朝に神戸を襲った阪神淡路大震災で、4階建ての塔屋部分(牧師館)は無事でしたが、集会室と礼拝堂の損傷が激しく、礼拝を続けることができなくなりました。再建までの間、礼拝を神戸市中央区加納町の神戸YMCAで行いながら、1997年の教会総会で、塔屋部分はそのままにして、礼拝室部分を新築することを議決しました。多くの方々や諸教会のお支えにより1998年4月に再建を果たし、同7月14日に建堂式を行い、現在に至っています。神の導きと、多くの方の支えによって私たちの教会堂は建てられたと言って過言ではありません。神にある交わりの尊さをいまさらに感じます。
 なお桜ヶ丘伝道は日本キリスト教会桜ヶ丘伝道所(桜ヶ丘教会)に発展しましたが、川西伝道は2001年に土地・家屋ともを売却しています。
 

●歴代牧師

歴代の牧師は
        渡辺 敢
        谷津 善次郎
        寺尾喜六
        征矢野 豊
        野木 源治郎
        畑 祐喜
        藤塚 聖
が勤めていました。

2017年4月から無牧(牧師がいない状態)となっていますが、 牧師を退職された教職(教師)の方々で礼拝を守っています。
 
  
 
 1915年(大正4年)に神戸市葺合区(現中央区)生田町1丁目に建設された会堂
 
1950年(昭和25年)に現在の地に建てられた会堂
 

 1964年(昭和39年)に新築された前会堂

  

集会のご案内

 
●主日礼拝 
毎週日曜日午前10時30分から約1時間の礼拝をささげています。
聖書・讃美歌は教会に備え付けています。
どうぞお気軽にお越しください。
 
●聖書研究会と祈祷会
毎月第一週目の水曜日午後1時~午後2時
聖書を学んだ後、出席者で祈ります。
 
●お茶の会
第3日曜日の礼拝後、紅茶やコーヒーと手作りのお菓子で礼拝出席者の交流をいたします。
 
●女性会
第3日曜日 お茶の会の後、年齢を問わず女性が集まり聖書の学びをします。
 
●壮年会
第1日曜日礼拝後、男性に限らず礼拝出席者で聖書の勉強をします。
 

どの集会もご自由にご参加いただけます。 

  教会へのアクセス

 
 
三宮から
阪急三宮駅東ガード下から
神戸市バス2系統(三宮ー阪急六甲)あるいは
18系統(三宮ー摩耶ケーブル経由ー六甲道)に乗車、
「熊内6丁目」で下車、東へ徒歩1分
 
●阪急六甲から
阪急六甲駅前から
神戸市バス2系統(三宮ー阪急六甲)に乗車、
「熊内6丁目」で下車、バス道を渡り東へ徒歩1分
 
●市営地下鉄新神戸駅から  
新幹線方面出口に出て、
山陽新幹線新神戸駅東出口から東へ徒歩3分、
少し下ってバス道へ、そこから1分
 
所在地
 651-0056 神戸市中央区熊内6丁目2番2号
   TEL & FAX  078-291-0519